日々の給食



[TOP]  [検索]  [ログ]  [管理用


令和4年1月12日
ファイル1
コメント
【本日のメニュー】
 〇牛乳 〇食パン 〇いちごジャム 〇花野菜と豆のシチュー 〇大根とひじきのサラダ 〇キウイフルーツ
【献立のねらい】
 〇ふるさと給食を味わおう
  地場産物を味わおう(ブロッコリー・カリフラワー:富士市)
 〇豆料理を食べよう(大福豆)
 〇カルシウムたっぷりのひじきを食べよう

 ひじきには「芽ひじき」と「長ひじき」とよばれるものがあります。この2つは種類が違うのではなく、ひとつのひじきのうち、茎の部分を「長ひじき」先っぽの芽や小枝の部分を「芽ひじき」といいます。
 ひじきは海藻の中でも、特に多くのカルシウムを含んでいます。カルシウムというと、牛乳などの乳製品や小魚を思い浮かべる人が多いと思いますが、ひじきなどの海藻類や大豆製品からもとることができます。骨や歯を強くするためにも意識して食べたい食品の一つです。

更新日時 2022/01/13/14:29:45

令和4年1月11日
ファイル1
コメント
【本日のメニュー】
 〇牛乳 〇カレーそぼろごはん 〇根菜汁 〇かみかみ黒豆
【献立のねらい】
 〇よくかんで食べよう(根菜類・黒豆)
 〇黒豆について知ろう

 おせち料理には、昔の人の知恵と幸せに暮らしたいという願いが込められています。黒豆には、「いつまでもまめに暮らせますように」という意味があります。「まめに」とは「元気に」ということです。
 黒豆は、大豆の仲間で、体の中で血や肉になるたんぱく質が多く含まれています。

更新日時 2022/01/13/14:23:19

令和4年1月7日
ファイル1
コメント
本日のメニュー】
 〇牛乳 〇みそラーメン 〇手作り中華ちまき
【献立のねらい】
 〇外国の料理を知ろう(中華ちまき:中国)
 〇手作り中華ちまきを味わおう

 日本のちまきは、おもちを笹の葉で巻いたお菓子のことですが、中国では、もち米と野菜や肉を炒めて、竹の皮に包んで蒸したものをちまきといいます。給食では、竹の皮は使えませんが、給食室で、調理員さんが一つ一つ丁寧に、食べやすく包んでくれました。
 ちまきに使うもち米は、もちや赤飯などを作る時に使うお米で、熱を加えると粘りが強くなるのが特徴です。

更新日時 2022/01/13/14:30:09

令和3年12月22日
ファイル1
コメント
【本日のメニュー】
 〇牛乳 〇食パン 〇いちごジャム 〇鶏肉のクラッカー揚げ 〇クリスマスサラダ 〇白菜とベーコンのスープ 〇ショコラ
【献立のねらい】
 〇ふるさと給食を味わおう
  地場産物を味わおう(ブロッコリー・カリフラワー:富士市)
 〇クリスマスの行事食を味わおう

 クリスマスは、キリストの誕生を祝う祭りとして知られています。アメリカやヨーロッパでは、クリスマス・イブといって24日にはお正月よりも盛大に祝い、クリスマスツリーの飾り付けをしたり、七面鳥の丸焼きなどの豪華な料理を食べたりする習慣があります。

更新日時 2021/12/23/09:15:50

令和3年12月21日
ファイル1
コメント
【本日のメニュー】
 〇牛乳 〇天ぷらうどん(かき揚げ+つゆ) 〇かぶの塩こんぶあえ
【献立のねらい】
 〇さつまいもを使った手作りのかき揚げを味わおう
 〇旬を味わおう(かぶ)

 天ぷらうどんといえば、みなさんは、どんな天ぷらを思い浮かべるでしょうか。エビ天、イカ天、かき揚げなどいろいろな天ぷらを思い浮かべることができますね。
 今日の給食の天ぷらうどんは、かき揚げを作りました。さつまいも、たまねぎ、葉ねぎ、イカを細く切って、小麦粉で作った衣と混ぜて油で揚げた手作りのかき揚げです。給食室で調理員さんが一つ一つ丁寧に作りました。

更新日時 2021/12/23/09:14:36

令和3年12月20日
ファイル1
コメント
【本日のメニュー】
 〇牛乳 〇根菜カレー 〇海藻サラダ 〇ヨーグルト
【献立のねらい】
 〇よくかんで食べよう(根菜類)
 〇いろいろなカレーを楽しもう
 〇ミネラルたっぷりの海藻を食べよう

 根菜が、おいしい季節になりました。根菜というのは、土の中にある根っこの部分を食べる野菜のことをいいます。今日のカレーには、しょうが・玉ねぎ・にんじん・大根・ごぼう・れんこん、里いもなど7種類の根菜が使われています。
 根菜は、体の中を温める働きがあります。これから寒い冬には、土の中で大きく根をはった根菜類の野菜をたくさん食べましょう。

更新日時 2021/12/23/09:13:00

令和3年12月17日
ファイル1
コメント
【本日のメニュー】
 〇牛乳 〇食パン 〇スライスチーズ 〇かぼちゃのほうとう 〇金時豆の甘煮 〇みかん
【献立のねらい】
 〇行事食を味わおう(冬至:12月22日)
 〇郷土料理を味わおう(ほうとう:山梨県)
 〇豆料理を味わおう(金時豆の甘煮)
 〇旬の果物を味わおう(みかん)

 12月22日は冬至です。日本では冬至にかぼちゃを食べると病気にならないとか、長生きができるなどといわれ、この日に「冬至がゆ」や「冬至かぼちゃ」を食べます。また、かぜをひかないように「ゆず湯」に入るという習わしがあります。かぼちゃにはビタミンAがたくさん含まれています。野菜の少ないこの時期に、かぼちゃを食べた昔の人の生活の知恵ですね。
 山梨県の郷土料理「ほうとう」は煮込みうどんのようなもので、生うどんを使うため、汁がとろっとし、寒い時に食べると体が温まります。

更新日時 2021/12/20/14:37:36

令和3年12月16日
ファイル1
コメント
本日のメニュー】
 〇牛乳 〇ごはん 〇ふりかけ 〇酢豚 〇わかめスープ
【献立のねらい】
 〇外国の料理を味わおう(酢豚:中国)
 〇よくかんで食べよう(酢豚)

 酢豚は、揚げた豚肉と、玉ねぎ、ピーマン、にんじん、しいたけ、たけのこなどを甘酢あんでからめたもので、日本でもよく食べる中国料理です。中国では正式には「古咾肉(ク―ラオロー)」と言います。酢が脂っこさをやわらげているので、日本では「酢豚」と名付けたようです。酢豚は、肉と野菜を上手に取り入れた料理なので、バランスよく栄養素がとれます。

更新日時 2021/12/20/14:35:47

令和3年12月15日
ファイル1
コメント
【本日のメニュー】
 〇牛乳 〇ごはん 〇味付けがんも 〇野菜の辛子酢あえ 〇里いものそぼろ煮
【献立のねらい】
 〇ふるさと給食を味わおう
  富士市の特産物を味わおう(味付けがんも)
 〇旬を味わおう(里いも)

 今日は、富士市の名物、味つけがんもが給食に登場します。
 富士市の味つけがんもは、生地に砂糖をたっぷり加えて、具に味つけをしてから油で揚げているので、きつね色と甘い味が特徴です。100年以上前から、人が集まる席や、おせち料理の一つとして食べられてきたそうです。

更新日時 2021/12/16/17:15:21

令和3年12月14日
ファイル1
コメント
【本日のメニュー】
 〇牛乳 〇ごはん 〇納豆 〇れんこんの炒め煮 〇鯵(あじ)のつみれ入りみそ汁
【献立のねらい】
 〇体が温まるつみれ汁を味わおう
 〇大豆製品を食べよう(納豆)

 今日の「鯵のつみれ汁」は、手作りです。給食では、鯵のすり身にしょうが・みそ・片栗粉・酒・塩・しょうゆをよく混ぜて、汁の中にスプーンで一つ一つ落として作りました。栄養たっぷりな鯵のつみれ汁、体もぽかぽか温まります。

更新日時 2021/12/16/17:14:19



もどる
TOP
shiromuku(h)DATA version 3.50